なおブログ-簡単レシピ‐アイデザイナー‐スノーボード

アイデザインやスノーボードや料理など日々のおススメを紹介

まつ毛パーマ 美容

なにが違うの?パリジェンヌとまつ毛パーマの違いを比較してみます

まつ毛パーマをかけるとまつ毛が上向きになり瞳がパッチリします。多くのサロンには”まつ毛パーマ”とともに新たに”パリジェンヌラッシュリフト”というメニューがあると思います。ではこの2つ何が違うの?と疑問になるかと思いますので2つの違いを解説していきます。

まつ毛パーマとパリジェンヌラッシュリフトとは

両方ともまぶたに専用のロッドを貼り付けてまつ毛をあげた所にパーマ剤をつけてまつ毛パーマをかけていきます。

まつ毛パーマとパリジェンヌのおおまかな違い

まつ毛パーマ

カールの形や大きさが選べるのでデザイン二ングできます。

パリジェンヌラッシュリフト

デザインはできず根元を80度上向きにパーマをかけるので毛先のカール感がなく、真っすぐ上に上がります。自まつ毛が最大限長く見えるのが特徴です。

どうやって選べばいいの?

サロンにもよりますがブログ主サロンでは両方とも根元から立ち上がる方がほとんどです。どっちのパーマにしても瞳がパッチリします。カール感をだしたい時やパッチリだけど自然な感じをだしたい時はまつ毛パーマをおススメしてまして、一番に協調したいのが長さである場合はパリジェンヌをおすすめしています。

パーマ液と施術肯定の違い

まつ毛パーマ剤

サロンによって好みがあるので様々な種類があります。置き時間や肯定もパーマ剤によってそれぞれです。
最近のパーマ剤はまつ毛へのダメージが優しく、かかりの良いものがでてきています。

パリジェンヌパーマ剤

パリジェンヌ専用のパーマ剤があります。施術肯定やまつ毛のあげ方も少しまつ毛パーマと異なります。また専用のトリートメント剤を途中でいれたりします。
一般のパーマ剤よりまつ毛へのダメージが軽いと言われています。

パリジェンヌの特徴

こちらがパリジェンヌをかけた方のお写真です。

根元を80度に上がるようパーマをかけているので真っすぐ上がります。自まつ毛の長さが協調されてますね。パーマに比べると少しまぶたに近い所でまつ毛を持ち上げるので長さがより強調されます。人から見た印象が ”まつ毛が長いーーー!!” となりやすいのでインパクトが出せます。
デメリットは自まつ毛がある程度の長さがないとパリジェンヌが活かせないという所です。自まつ毛が足りないとパーマをかける部位が根元のパーマを持ち上げる部分のみで終わってしまうので長さがしっかり出せなかったりします。

まつ毛パーマの特徴

カール感があるので自然な印象で瞳がパッチリします。カールも種類があり大きさも少し選べるのでよりくクルンとカールするようきつめにかけたり逆に大きめのカールをわざとかけてナチュラルな仕上がりにしたりすることもできます。
短めのまつげにもパーマロッドの大きさを変えて対応可能です。

こちらの写真はオーソドックなクルンとしたパーマになります。カールを出して上に上げる形です。
他にも”Uカール”といってカールは少しあるけれど立ち上げも少しさせるなど、他にもいろいろな形のロッドがたくさんありパーマに特化しているサロンさんでは多数のロッドを使い分けていたりします。

まつ毛パーマ”L カール”と”パリジェンヌ”の違い

パーマにも”Lカールというカール感はださずに真っすぐ上にあげるものがあります。パリジェンヌに比べるとまぶたから少し遠目で上に持ち上げます。ちょっと根元が角ばりがあります。パリジェンヌの方がまぶたに近めに上げるのでまつ毛が長く見えます。より長さを強調したい方はパリジェンヌがおすすめです。
ただ、まぶたが厚めの方や形状によりパリジェンヌだとまつ毛がまぶたにくっついて持ち上げてしまう場合があるので、そういう方はLカールの方がまぶたに当たりづらくマスカラが塗りやすいです。

まつ毛パーマとパリジェンヌはどっちが持ちがいいの?

一般的にはまつ毛パーマよりパリジェンヌのほうが1、2週間持ちがいいと言われております。
まつ毛パーマもかけるロッドの大きさを自まつ毛にあったものやカールがしっかりしてるものを選ぶとしっかり持ちます。
ブログ主の感覚ではパリジェンヌもまつ毛パーマも6週ぐらいでかけ直しに来る方が多いです。

パーマの持ちを良くするためにコーティング剤がおすすめです。

パーマを綺麗な状態で長く持たせるには毎日のコーティング美容液がおススメです。
特にジェルタイプのコーティング美容液ですとジェルがまつ毛を絡めて上に持ち上げてくれるので一日中綺麗な状態に保ってくれます。少し束感もでますのでより濃さも協調されて綺麗にスタイリングできます。
フェニックスのジェルタイプのコーティング剤は加水分解コラーゲン、加水分解シルクなど他にも多数美容液成分が配合されており、まつげの潤いを保って切れ毛も予防してくれます。マスカラの重ね付けもOKです。お湯でオフできちゃうのも楽ちんです。
コーティング剤でケアしているとパーマの持ちがホントに変わってくるのとまつ毛の傷みも予防してくれるので次のパーマもかかりやすくなります。
パーマをかけたらぜひコーティング美容液でケアしていただきたいです。

オデット フェニックス カールアップ コーティング 8g まつげ美容液 Odette
created by Rinker

まとめ

クルンとするカールにするか、より長さを真っすぐ上にだすかで印象がけっこう違って見えます。
まつ毛の生え方やまつ毛の向き長さによってもおすすめできるのがパーマなのかパリジェンヌなのか変わってきますのでサロンの施術者さんにぜひ相談してみてください。
まつ毛パーマもいろいろな種類のパーマがでてきてますのできっとご自身のなりたいまつ毛のイメージに近づけると思います。
皆様がより理想のまつ毛に近づければブログ主としても幸いです。

-まつ毛パーマ, 美容

おすすめ記事

1
カフェ丼弁当箱の保温について!ムーミンの弁当箱を購入したよ♪超軽量 MOOMIN

目次1 ムーミンのカフェ丼保温ランチジャー1.1 外観1.2 中身 ムーミンのカ ...

2
カフェ風お弁当 タイ風鶏肉のバジルいためのっけ弁当

タイ風鶏肉のバジルいためのっけ弁当 今回は当日つくったカフェ風お弁当です(*'ω ...

3
カフェ丼のお弁当 五目焼きそば弁当 やきそば麺リメイク

五目焼きそば弁当 カフェ丼のお弁当箱を使って温かいお弁当を♪ 今回は当日作ったお ...