セルフジェルネイル。初心者でも簡単なニットネイル。色付きアイシングジェルを使うと楽ちん。

冬に大活躍ニットネイル

前回ニットネイルをしたところ好評だったので、冬の間にもっとニットネイルをしたいと思います。
今度は少し違ったデザインにしました。そしてなるべく簡単に描けるニットネイルをしてみました。
ニットネイルをするのには粘度の高いジェルで立体を作ります。
粘度の高いジェルを作るのが一つ手間なので、すでに粘度の硬めの色付きのアイシングジェルを購入しております。

前回は縄もようのニットネイルにしたので今回はハート模様のニットネイルにしました。

粘度の硬い色付きアイシングジェル

ネイルタウンさんのアイシングジェル‐カラータイプならもともと固めの立体を作るようのジェルなので簡単にニットネイルが作れます
ニットのような色味にしたかったので02ベージュを購入しました。
白かベージュで悩みました。
粘度が硬めで流れづらいのでプックリ立体感がでました。かといって固すぎないのでジェルが勝手にまとまってくれて使いやすいです。

 

ハート模様のニットネイルの作り方

用意するもの

★カラーアイシングジェル
★平筆
★細筆
★ベースジェル
★ノンワイプマットトップジェル か ノンワイプトップジェル

作り方

1⃣ベースジェルを塗って硬化します。アイシングジェルを平にを塗って硬化します。2度塗りするとしっかり色がつきます。

2⃣細筆を使ってアイシングジェルで左寄りにしずくの形を上から描きます。こまめにジェルが流れないように5秒仮硬化させます。これを繰り返して下まで書いていきます。

しずく模様の作り方

筆を小さくクルクル回してジェルを溜めます。

斜め下に引っ張るとしずくの形になります。

3⃣しずくの反対型にもしずくを描いてハートの形になるようにしていきます。

↓下にちょんちょんと模様の続きを描き足します。

4⃣縦線のラインを2本描きます。描いたら仮硬化させます。

5⃣ドット柄をつけたします。これで絵柄が完成です。

ドットの描き方

筆を小さくクルクル回してジェルを溜めます。

真上に引き抜くと角が立ちます。

放っておくと綺麗な丸になります。

 

6⃣最後はしっかり本硬化させて完成です。こちらのノンワイプタイプのアイシングジェルならこのまま、拭き取りが必要なジェルは拭き取ります。ブログ主は強度が心配なので最後にノンワイプマットトップジェルを全体に塗ってしっかり硬化させてます。
艶も消えるのでニットっぽさが増して可愛いので一石二鳥です。

ニットネイル ハート模様 冬ネイル

 

こちらの動画を参考にして今回のネイルを作りました。

ニット模様を失敗したら

キッチンペーパーにエタノールかネイルクリーナーを含ませて拭き取ればまた書けます。前のところまでは仮硬化させてあるので大丈夫です。
失敗してもすぐにやり直せるところがジェルネイルの良い所です。

まとめ

立体を作るのはとっても楽しいです。ニットネイルは冬にぴったり。
今回作ったハート模様も前回の縄もようも両方可愛いです。
他にもいろいろなデザインのニットネイルがあるので検索しているだけで楽しいです。
季節感を考えると冬にしかできないと思うので今のうちに楽しんでいきましょう。

↓縄もようのニットネイルの作り方はこちら。

セルフジェルネイル。色付きアイシングジェルでニットネイルを作ろう。

アイシングジェル Coikaze アイシングネイル ジェルネイル 詰め替えタイプ付き パーツ固定ジェル 15g入り ニットネイル 凸凹アート UV/LEDライト対応 全3色 4g(クリア&ホワイト&ブラック)
created by Rinker

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 【セルフネイル】秋におすすめくすみカラー3色!ムラにならない

  2. ミステリと言う勿れ【映画レビュー】ネタバレなし!

  3. 【スノーボード】ジブパンツを購入!スノーボードは見た目が大事!

  4. 【ネイルチップ販売】べっ甲ネイルとグレージュの組み合わせ♪秋におすすめのネイル

  5. 【ネイルチップ販売】べっ甲ネイルとカーキの組み合わせ♪秋におすすめのネイル

TOP