【スノーボード】春雪で汚れたソールのお手入れ。シーズン終了のお手入れにも。

https://i0.wp.com/naobuzzbento.com/wp-content/uploads/2023/03/cropped-naoppe.jpg?fit=300%2C300&ssl=1

今年は雪が降ったのに急に暑くなって雪解けの速さに驚きます。ゲレンデの雪も茶色くて一日滑るとソールの汚れが目立ちます。汚れたままだと次の滑走時に滑らなくなるのでクリーニングします。

春雪のソール対策

春の雪はブレーキがかかって滑らないことがけっこうあります。春用のワックスをしてブラシをしっかりかけるなど対策はありますが、春の雪で滑らなくなる一番の原因は汚れです。
まずは原因の汚れをしっかりとってからでないとせっかくの春用ワックスも余計に滑らなくなることがあります。

春の雪で汚れた板

ソールが黒いから分かりづらくてすいません。少し擦ると茶色になるぐらい汚れています。しかしところどころはワックスも剥がれて白く酸化しているような状態です。もう最悪な状態ですね。毎回ワックスをしていますが板自体があまり良いソールないことと今年の春雪の汚れの凄さで毎回こんな状態になります。
今回はリキッドリムーバーも使ってしっかり汚れをおとします。

ソールのクリーニング

使う物

スノーボード 板 クリーニング

●ワックスクリーナーリキッドタイプ

スリーウェザー ワックスリムーバー

ムラサキスポーツで購入しました。お値段が優しめだけどクリーニング力はとてもあるとのことで選びました。
リキッドタイプなので伸びもよく扱いやすく、必要な分だけ調整して使えるのでコスパが良いです。
キッチンペーパーも用意します。

●ベースワックス

ガリウム ベースワックス

安定のガリウムのベースワックスです。安価で伸びがよく使いやすいです。クリーニングにも使いますが、ハイシーズンなどはベースワックスだけで十分走ります。むしろ上に余計な滑走ワックスを塗るよりベースワックスだけの方が走ることもあります。
レース系で使うとか春の雪など特殊な雪の時はクリーニングからベースワックス、滑走ワックスまでしっかりすると良いとおもいます。

●ワックスペーパー

ガリウム ワックスペーパー

セルフでワックスを塗る時の必需品です。ワックスが均等に濡れてついでにソールの汚れもとってくれます。
ガリウムのペーパーは大きくて使いやすいのでお気に入りです。

スノーボード ワックスアイロン バートン

おそらく20年ぐらい愛用しているバートンのワックス用アイロン。面が大きくていっぺんに塗れるので気に入っています。今はもう売ってないと思うので重宝しています。

●おまけワックス台

今は使っていないダイエット目的に買った踏み台昇降の足をワックス台にしています。(笑)
何か台になるものがあった方が力が均等に入って板が歪みません。
中腰になって腰には良くない高さなのでワックス台として売っているお品を購入したほうがよいとは思います。

クリーニング方法

1⃣キッチンペーパーにワックスリムーバーを染み込ませてソールを拭いていきます。

液が少しずつでる先の形状で良かった。一気にドバっとでるタイプかと思ってドキドキしてました。

とても汚れがとれます。

汚い!けれども、ここまでとれると気持ちいいですね。

※シンナーのような香りがしますので換気しながら行います。

汚れがとれたらそのままにしておくとソールが傷むのですぐにベースワックスをいれて保護します。

2⃣ベースワックスを垂らしてワックスペーパーとワックスアイロンを使って伸ばしながら板に染み込ませます。

3⃣完成!

無事に板の保護ができました!
シーズン終了でしたらこのまま来季まで保管して来シーズンになったらワックスを剥がして再度ベースワックスをいれると良いです。

今シーズンもまだ滑るので冷えたらベースワックスを剥がして滑走ワックスをいれます。
今回はリムーバーでしっかり汚れを落としています。念には念をいれたい方はベースワックスを剥がしたら再度ベースワックスをいれてから滑走ワックスをすると良いです。
※一回、一回スクレーパーからブラシまでしっかりかけて余分なワックスをしっかり取り除いてから上にワックスを塗ります。ワックスが残っていてワックスの厚塗りになると汚れを吸収しやすくなって走らなくなるので注意してくださいね。

スクレーパーをしてブラシをする

ベースワックスが冷えたらスクレーパーで削ってブラシをかけて雪質によって滑走ワックスをいれます。
今回はゲレンデの雪がすごく汚れていることを予想しています。ワックスの厚塗りで走らなくなりそうなのでベースだけでいきます。
ガリウムのベースワックスは滑走ワックスとしても活躍してくれるので便利です。

スクレーパーは大きいものを購入したのになぜか失くしたので携帯しているやつです。
ワックスのべたつきが周りの物を汚すので100均で売っているお料理に使う保存バックに入れてます。

ブラシは外側ががナイロンブラシで内側がブロンズブラシになっている物を使っています。
ブロンズが細かいワックスや汚れを掻き出してくれるので助かります。
しかもこちらの製品はけっこう安いんですよね。ブラシは結構お値段高めなのですが使っているうちにワックスがまとわりついて使えなくなるのでブラシもクリー二ングしないといけません。
いつも使っているこのブラシは安価なのでダメになったらまた買い換えてを繰り返しています。

シーズン終了時にはソールのお手入れを!

春の雪は走らないものの暖かくて軽装で楽しめて気持ちが良いです。
板の汚れをそのままにしておくとソールが傷んで次のシーズンの滑走能力が悪くなります。
シーズン終了時には汚れを落として保護のためにワックスをいれて保管してくだいね。
プロショップなどにお任せしてしまうのもおすすめです。ソールだけでなくエッジの状態なども見てくれるのでお店に相談してみてくださいね。

今年はどこのゲレンデも早期終了していますので滑走できるのもあと少しです。
貴重な時間を楽しく滑るためにソールのお手入れはしっかりしていきたいと思います。

VAXPOT(バックスポット) ブロンズブラシ 真鍮ブラシ スノーボード スキー チューンナップ用品
created by Rinker

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 【ネイルチップ販売】お呼ばれネイル。お花とシェルとマグネットが上品で可愛い♪【ヌーディカラー】

  2. 簡単!時短!ダイエット飯!大根おろしと納豆と梅干で冷たいうどん♪

  3. 【セルフジェルネイル】クリアジェルでぷっくり3Dフラワーネイルのやり方

  4. 【セルフジェルネイル】夏にぴったりシェルネイル!金のミラーでフチどりすると素敵♪

  5. 【セルフジェルネイル】初心者でも簡単!マグネットネイルの上の方を輝かせる磁石の使い方

TOP