なおブログ-簡単レシピ‐アイデザイナー‐スノーボード

アイデザインやスノーボードや料理など日々のおススメを紹介

千葉県に小旅行。車で養老渓谷へ日帰り旅行。

車でゆるり日帰り旅行。千葉県の養老渓谷へいってきました。
滝めぐりハイキングコースへ。石の遊歩道があり平坦な道なので重装備でいかなくても大丈夫でした。
入り口の坂がきつめなのと少し滑りやすいところはあり。
しかしながら皆さん水着で来ていらっしゃって夏の涼みスポットみたいでした。

今回のアクセス方法

出発地は関東の上の方。
館山自動車道の市原ICをおりて国道297号を下っていきました。
インターおりてからだいたい1時間ぐらいで到着でした。

山の駅 養老渓谷 喜楽里(きらり)

養老渓谷へいく途中、山の駅、喜楽里(きらり)でお手洗い休憩。
RVパーク(有料)も併設されてましたので車中泊の旅をしている方はこちらを利用してはいかがでしょうか。

滝めぐりハイキングコースへ

いろんなハイキングコースがあったのですが今回は滝めぐりのハイキングコースへ行きました。
水月寺近く県道178号線沿いの駐車場へ。

こちらに車を停めるとハイキングコースを丸っと1周できる。
の予定だったのですが!途中、崖の崩落があるため通行止めになってました。(令和4年8月2日現在)


修復工事を行ってましたのでそのうちまた通れるようになるのだと思います。
遊歩道があるのでそんなに落差なく歩けます。
ただ滑りやすいのでグリップのある靴の方がいいかもです。

鳥もいたりして。

とりあえず見返りの滝まで行って折り返してきました。

途中で野生の猿に遭遇!
可愛いですけどエサを与えたり、目を合わせるのは喧嘩の合図になるので気を付けてください。刺激しないようにです。

ホテル滝見苑に駐車

またまた県道178号線粟又の滝(養老の滝)方面へすすみ、粟又の滝入り口そばのホテル滝見苑さんが日帰り駐車できたので車を停めました。(有料)
お手洗いも併設してあって親切。
道を挟んですぐ自然遊歩道入り口があります。

粟又の滝(養老の滝)

下ってすぐ粟又の滝です。


みんな子供も大人も泳いでいる!様々な遊泳グッズを持ち寄り楽しそうでした。
夏には最高ですね。


私たちは散歩目的だったので石の遊歩道沿いを進んでいきます。

 

千代の滝

今日は季節のせいか水の流れはあまりなかったです。
うーん。残念。

萬代の滝(万代の滝)

すごく綺麗で水の音が涼しかったです。

足だけ滝の流れにつかってとても気持ち良かったす。
足だけでも冷たい水につかると汗が一機にひきます。
その後通行止めエリアに当たるので引き返してきました。

山里のジェラテリア 山猫

遊歩道入り口のヤマネコカフェでソフトクリームをいただきま味した。


濃厚で丁寧なお味!コーンも食べ応えあって最高でした!


メニューにあったかき氷がほんとーにほんとーに美味しそうだったのですがかき氷はお日にちも限定の予約制でしたので
食べたい方はお店にお問い合わせくださいね。

ごりやくの湯

またまた県道178号をつきすすんで温泉、ごりやくの湯へ。

とにかくお風呂が解放的!
半分お外、というか内湯と洗い場に天井はあるものの外との壁がないのでほぼ外。
目の前の広がる自然の景色に癒されます。
汗だくのつかれた体に温泉が染み入りました。
温泉後はお食事場もあるのでしっかり食べてきました。

癒しと健康の日帰り旅行

綺麗な滝の景色をみながらハイキングして良き汗をかく。
途中流れる滝で涼みながらマイナスイオンを浴びる。
甘いスイーツで一休み。
開放感のある温泉で汗を流しお肌もツルツル。
風呂上がりにゆっくりと景色を堪能しながらご飯を頂く。
リフレッシュできて頭もスッキリしました。

養老渓谷は他にもみどころがいっぱい

今回は滝見ハイキングコースのみ訪れましたが近隣には観光できそうな所がまだまだありました!
バンガロー村・弘文洞跡コース大福山・梅ヶ瀬コースなどもあり、秋には紅葉がとても綺麗みたいです。
ゆっくり回るには宿泊も良さそうです。
また違う季節にも訪れてみようと思います。

 

 

-

おすすめ記事

1
カフェ丼弁当箱の保温について!ムーミンの弁当箱を購入したよ♪超軽量 MOOMIN

目次1 ムーミンのカフェ丼保温ランチジャー1.1 外観1.2 中身 ムーミンのカ ...

2
カフェ風お弁当 タイ風鶏肉のバジルいためのっけ弁当

タイ風鶏肉のバジルいためのっけ弁当 今回は当日つくったカフェ風お弁当です(*'ω ...

3
カフェ丼のお弁当 五目焼きそば弁当 やきそば麺リメイク

五目焼きそば弁当 カフェ丼のお弁当箱を使って温かいお弁当を♪ 今回は当日作ったお ...